Be・PROのBPOサービス

お客様の業務をあらゆる面からサポート!

その他サービス

顧客分析

商品を購入してくれそうな顧客は誰なのか、離れてしまいそうな顧客は誰なのかなど、顧客のことを理解するための分析を行います。分析の方法には、上位の顧客を知るためのデシル分析や、見込みの高い顧客を導き出すRFM分析などがあります。

デシル分析

パレートの法則によると、上位2割の優良顧客が売上の8割を占めると言われています。デシル分析は顧客を購入金額が多い10等分のグループに分けて、御社にとって大切なお客様を知る方法です。

デシル分析を利用すると貴社にとって
最も大切なお客様を発見することができます。

RFM分析

RFM分析は「Recency/最近来店(購入)したのはいつか」「Frequency/今までに何回来店(購入)しているのか」「Monetary/今までにいくらお金を使っているのか」をそれぞれ数値にして、顧客を優良顧客や休眠顧客などに分類する分析方法です。顧客の分類に合わせ戦略を立案することができます。

顧客セグメンテーションによる
戦略立案の例

デジタルアーカイブ

アナログで保管されている膨大な書籍や冊子などの紙資料をスキャナで読み取り、電子ファイル化するサービス。紙資料をデータ化することで、貴重な資料を劣化させずに後世に残すことが可能です。必要な資料の検索が容易になり、また災害時に原本が消失した場合の情報保全対策としても活用することができます。

  • モノクロ、グレイスケール、カラーに対応
  • 出力解像度:200dpi、300dpiから選択可能

デジタル化したファイルは検索システムで閲覧が可能!

紙資料のデジタル化によるメリット

個々の社員の紙文書の削減

社員がデスク、ロッカーに保管してある紙文書をデジタル化することにより、不要文書の廃棄をする事ができます。

地球環境に優しい社会の実現

クリーンオフィスを実現する事で、地球に優しい社会を実現。地球温暖化防止に対し、貢献できます。

文書に関する間接コストの削減

保管費、保管スペース費を削減することが可能になります。

災害時の情報保全対策

資料を管理している場所が被災した場合、貴重な資料を紛失してしまう可能性があります。デジタル化することで複数拠点での分散管理やバックアップデータの生成などが柔軟に行えるようになります。

情報資産の利活用の実現

デジタル化したデータを貴社のサーバーやクラウドに保管することで複数拠点、外出先からでも情報の共有がしやすくなり、情報伝達時間の短縮が可能になります。

データ入力

顧客の「今」を知るうえで、顧客のデータはもっとも重要な情報の一つ。アンケート等により集めた顧客データをもとにデータベース化を図ります。

コールセンター

顧客からの問い合わせ、カスタマーサポート、キャンペーン等の電話受付を代行します。あらゆる電話業務に幅広く対応することができ、業務の内容はご要望に応じてカスタマイズが可能です。